収入証明書類の提示

消費者金融の中でも特に人気が高いプロミスの魅力とは

収入証明書類の提示

プロミスの申込みはそれ程難しくはありません。必要な書類も本人確認書類のみで、免許証もしくは保険証があれば申込みが可能です。ただし、条件によっては、収入証明書類が必要な場合があります。

 

収入証明書類として有効なのは、源泉徴収票や所得証明書、給与明細などがあります。給与明細は直近のものの他に、賞与が含まれている月の分も必要となります。収入証明書類の用意をするのは手間がかかります。スムーズに手続きをするには、収入証明書類不要で申込みをするのが簡単です。プロミスの場合、収入証明書が必要な条件が決まっています。

 

1つ目の条件として、限度額が50万円を超える場合には、収入証明書類が必要となります。逆に考えれば、申込み金額が50万円を超えないようにしておけば、収入証明書は不要になります。

 

ただし、申込み金額が50万円以内であっても、収入証明書類が必要な場合があります。1社での借入れが50万円以内でも、複数社の借入総額が100万円を超える場合には、やはり収入証明書類が必要となります。例えばA社で30万円、B社で50万円借入れしている人が、新たにC社で30万円借りようとした場合、借入総額が110万円となります。借入総額が100万円を超えるので、この場合も収入証明書類が必要となります。

 

銀行で借りる場合には別であり、300万円まで原則不要となるオリックス銀行カードローンの審査のような申し込みもできるので、収入証明書類の提出をせずに借りたいと考える方はプロミスではなく銀行のカードローンを使うことを考えてみると良いでしょう。

MENU